地元佐賀の経験豊富な弁護士が相続に関する問題を解決します。

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセスマップ

0952-37-8760 受付時間 平日9:00~17:30(土日祝日応相談)

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 当事務所の方針
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益
  • 寄与分
  • 遺言
  • 信託

Q8.遺留分減殺請求権とは何ですか?

遺留分減殺請求権とは、遺留分を侵害された相続人が、受遺者(遺言によって利益を得た人)や受贈者(死因贈与、生前贈与にとって利益を得た人)に対し、遺留分の返還を求めるための請求権のことです。
 
相続が起こったとき、遺言や贈与があると、もともとの法定相続人であっても遺産を満足に受け取ることができなくなるケースがあります。

このような場合、法律は一定の範囲の法定相続人に対し、最低限の遺産取得分である遺留分を認めています。
  _ONE7612.jpg
ただ、遺留分が認められる場合であっても、何もしなければ自然に遺留分が返ってくるわけではなく、遺留分の返還を受けたければ、受遺者や受贈者に対し、遺留分の返還を求める権利行使をしなければならないとされています。このときの、遺留分を請求出来る権利のことを、「遺留分減殺請求権」と言います。

法律によって遺留分減殺請求権が認められるのは、兄弟以外の法定相続人と定められており、遺留分減殺請求権を行使するためには、相続開始と遺留分の侵害が起こってから1年以内にしなければならないという期限があります。

また、遺留分減殺請求をするときには、確実に期間内に権利行使をしたという証拠を残すため、内容証明郵便によって受遺者や受贈者に対し、請求通知を送るべきです。

遺留分減殺請求権が行使されたら、請求者と被請求者が話合いをすることによって、遺留分の返還方法を決めます。話合いができない場合には、遺留分減殺調停を行ったり、遺留分減殺訴訟を行ったりして遺留分の返還方法を決める必要があります。
 

相続に関するQ&A

遺産分割についてのQ&A

 
●Q1.遺産分割とはどのようにするのですか?


●Q2.遺産分割の手続きの方法を教えて下さい。 

●Q3.遺産分割したあとに遺言がでてきたらどうなりますか?


相続の財産についてのQ&A

●Q1.遺言で父から財産の全てを相続しました。しかし、他の兄弟から遺留分の請求をされました。どうしたらいいですか?相続税や葬儀費用も差し引くことはできますか?

●Q2.これまで両親と同居し、両親の面倒をみてきました。遺産を多めにもらいたいのですが、他の兄弟は法定相続分による分割を主張しています。何か多めにもらう方法はないでしょうか?
 
遺産争いのイラスト

飛んで行くお金のイラスト(円)  

その他相続Q&A

●Q1.遺産(全相続財産)を調査する方法はありますか?

●Q2.法定相続人、代襲相続人とは?
 
遺産争いのイラスト
 


寄与分Q&A

 

 
遺産争いのイラスト
 

特別受益Q&A

 

遺留分Q&A


些細なことでもまずはお気軽にご相談ください

遺言・相続のご相談なら、佐賀の弁護士田代法律事務所へ 0952-37-8760

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ

 

 
0952-37-8760 受付時間 平日9:00~17:30(土日祝日応相談)
相談票ダウンロード佐賀無料相続相談会弁護士紹介弁護士費用

コンテンツ