地元佐賀の経験豊富な弁護士が相続に関する問題を解決します。

  • HOME
  • 事務所紹介
  • 弁護士紹介
  • 弁護士費用
  • アクセスマップ

0952-37-8760 受付時間 平日9:00~17:30(土日祝日応相談)

  • HOME
  • 弁護士紹介
  • 当事務所の方針
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 弁護士費用
  • 相談の流れ
  • 遺産分割
  • 遺留分
  • 特別受益
  • 寄与分
  • 遺言
  • 信託
  • HOME
  • 佐賀 相続お悩み解決Q&A
  • 遺言で父から財産の全てを相続しました。しかし、他の兄弟から遺留分の請求をされました。どうしたらいいですか?相続税や葬儀費用も差し引くことはできますか?

Q1.遺言で父から財産の全てを相続しました。しかし、他の兄弟から遺留分の請求をされました。どうしたらいいですか?相続税や葬儀費用も差し引くことはできますか?

遺留分減殺請求をされた場合、請求者に遺留分が認められるケースであれば、遺留分の返還をしなければなりません。

具体的な返還方法については、請求者と話し合って決めることになります。

話合いでは合意することができなければ、相手は遺留分減殺調停を起こしてくることが予想されます。
  _ONE7612.jpg

調停で話合いによって合意ができれば、その合意内容に従って相手に遺留分を返還して問題を解決することができます。

調停でも合意ができない場合には、遺留分減殺調停は不成立になって終わってしまいます。すると、相手が遺留分減殺訴訟を起こしてくることが予想されます。

遺留分減殺訴訟では、裁判所が判決によって遺留分の返還方法を決めてしまいますが、その方法は画一的で、当事者の期待通りにならないこともよくあります。遺留分減殺請求を受けた場合には、なるべく話合いで解決した方がお互いにとって良いことが多いです。
 
遺留分減殺請求を受けた場合、葬儀費用や相続税を返還額から差し引くことはできません。
まず、民法885条では「前項の費用(相続財産に関する費用)は、遺留分権利者が贈与の減殺によって得た財産をもって支弁することを要しない。」と定めているので、葬儀費用の差し引きは認められません。

また、相続税申告時までに遺留分の返還方法が定まっていない場合には、相続税は遺言書通りの負担割合で申告納税をします。

遺留分減殺請求によって負担額に変更があったら、税務署に対して更正請求をして相続税の還付を受けることができますが、相続税の分について、相手に対する支払いを減らすことはできません。"
 

相続に関するQ&A

isanbunkatu.png iryubun.png
tokubetujyueki.png kiyobun.png
souzokuzaisan.png sonota.png

遺産分割についてのQ&A

 
●Q1.遺産分割とはどのようにするのですか?


●Q2.遺産分割の手続きの方法を教えて下さい。 

●Q3.遺産分割したあとに遺言がでてきたらどうなりますか?



遺留分Q&A


寄与分Q&A

  喧嘩.jpg

調停.jpg  

特別受益Q&A

対立2.png  

相続の財産についてのQ&A

●Q1.遺言で父から財産の全てを相続しました。しかし、他の兄弟から遺留分の請求をされました。どうしたらいいですか?相続税や葬儀費用も差し引くことはできますか?

●Q2.これまで両親と同居し、両親の面倒をみてきました。遺産を多めにもらいたいのですが、他の兄弟は法定相続分による分割を主張しています。何か多めにもらう方法はないでしょうか?
 
遺言.png

不動産.png  

その他相続Q&A

●Q1.遺産(全相続財産)を調査する方法はありますか?

●Q2.法定相続人、代襲相続人とは?
 
遺産争いのイラスト
 


些細なことでもまずはお気軽にご相談ください

遺言・相続のご相談なら、佐賀の弁護士田代法律事務所へ 0952-37-8760

●HOME ●事務所紹介 ●弁護士紹介
●弁護士費用 ●ご相談の流れ ●アクセスマップ

 

 
0952-37-8760 受付時間 平日9:00~17:30(土日祝日応相談)
相談票ダウンロード佐賀無料相続相談会弁護士紹介弁護士費用

コンテンツ

田代法律事務所概要アクセス 対応エリア当事務所の運営サイト 事務所サイトはこちら

対応地域(佐賀県全域)

佐賀市,唐津市,鳥栖市,伊万里市,武雄市,鹿島市,多久市,小城市,嬉野市,神埼市,川副町,久保田町,東与賀町,吉野ヶ里町,上峰町,基山町,みやき町,玄海町,有田町,大町町,江北町,白石町,太良町